パソコン比較mix
サイトマップ

ホーム
リンク

価格別で表示

タイプ別で表示

スポンサード リンク

ショップ情報など

PC本体関連

BTO
Build To Order(受注生産)の事で、ネット上のパソコン販売店でパソコンを購入する際、 CPUやメモリ、ドライブ、拡張カードなどを選択肢の中から個々に選び 購入します。(変更しないで購入する事も可能です。)
変更できるカテゴリはショップやパソコンで違いがあり、すべてのPCではありませんが、マザーボードやケースなど殆どのパーツが変更できるものもあります。 基本的にショップパソコンはこの形態で販売している場合が多いのですが、(即納パソコン等を除く)メーカー製でもWEBダイレクトショップでは BTOをできる場合が多くなっています。
このサイトでも紹介、比較を行っている、 「NEC」 は日本トップメーカーの一つですが、WEB上ではBTOパソコンにもかなり力を入れており、ブランドの一つ「ValueOne」はそのよい例と言えると思います。
(それ以外では、 「ソーテック」 もBTOパソコンのラインナップが豊富です。)
なお、BTOパソコンであると表記されていなくてもメモリとビデオカードは変更可能である、などの場合もあり、 各ショップやメーカーが記載している「BTO可能」や「カスタマイズ可能」の表現にはかなりばらつきがあります。
また「即納パソコン」は名前のとうりすぐに配送できるパソコンの事ですが、その納期もショップで多少異なります。
ちなみに「BTOモデルではあるが、初期構成で買った場合は3日で配送可能、BTOをした場合の配送は2週間前後。」のような場合もあり、 PCや店でケースバイケースと言えます。
BTOに対し、購入者側から細かくパーツの詳細を聞き(つまり店が選んだパーツの中から選択するのではなく)製品を組み立て販売する方式をCTO(Configure To Order=注文による生産)といいます。
BTOと比較して納期が長くなるのが一般的ですが、BTO方式を扱っているショップブランド系の店で扱っている事があります。

スポンサードリンク

パソコン関連説明

137GB問題AGP、PCI Express x16BTO
BTX規格CPUのFSB,TDPなど一覧intel系CPUチップセットと一覧等
AMD系CPUチップセットと一覧等その2-CPUピックアップCPUについたグリス落とし
CRTディスプレイCRTディスプレイの有効活用CMOSクリア
DVIGPUについてIEEE1394、FireWire、i.Link
USBVRAMVistaの種類
Windowsとサポート期限格安PCケースはお得かどうか?枯れる
ウィルコム(WILLCOM)-関連情報コア欠け応答速度
解像度自作パソコン自作パソコンは安く済む?
ショップブランドパソコン外付けHDDデスクトップパソコン
ノートブックパソコンパソコン購入計画時の液晶解像度バルクとは?
ビデオチップ(グラフィックカード)古いPCでのVistaは?ノートブックパソコンに付いている端子の配置
リムーバブルケース(5インチベイ用)

ショップパソコン検索

CPU
GPU
形状
ショップ名
解像度(ノート用)
画面サイズ(ノート用)
メモリ
HDD
価格
円以内
OS
チップセットの内蔵グラフィックなども表示する--
組み立てキットPCも検索対象に加える--

ホームへ戻る