パソコン比較mix
サイトマップ

ホーム
リンク

価格別で表示

タイプ別で表示

スポンサード リンク

ショップ情報など

ディスプレイ関連

CRTディスプレイ
ブラウン管を用いてパソコン上からの信号を表示するディスプレイ。 過去はパソコンのディスプレイといえば、CRTでしたが、液晶ディスプレイの低価格化、高性能化に伴い 販売数は減少しています。 また表示方法はシャドウマスク管、アパーチャグリル管(トリニトロン、ダイアモンドトロン)の2種類があり、 アパーチャグリル管は、発色、コントラストが優れています。 また、アパーチャグリル管は縦に細くマスクが並んでいる構造で、補強(絡まない為と聞いた事があります。)の為に 横に2本、非常に細い線が入っており、ディスプレイ上にうっすらと見えます。(初めてみると気になるのですが、 慣れると気にならなくなります。)
液晶ディスプレイやテレビの急速な低価格化と著しい高性能化に加え高解像度、大画面のものが次々に登場している現在、
ブラウン管ディスプレイを購入するメリットはほぼ無くなったといえます。

スポンサードリンク

パソコン関連説明

137GB問題AGP、PCI Express x16BTO
BTX規格CPUのFSB,TDPなど一覧intel系CPUチップセットと一覧等
AMD系CPUチップセットと一覧等その2-CPUピックアップCPUについたグリス落とし
CRTディスプレイCRTディスプレイの有効活用CMOSクリア
DVIGPUについてIEEE1394、FireWire、i.Link
USBVRAMVistaの種類
Windowsとサポート期限格安PCケースはお得かどうか?枯れる
ウィルコム(WILLCOM)-関連情報コア欠け応答速度
解像度自作パソコン自作パソコンは安く済む?
ショップブランドパソコン外付けHDDデスクトップパソコン
ノートブックパソコンパソコン購入計画時の液晶解像度バルクとは?
ビデオチップ(グラフィックカード)古いPCでのVistaは?ノートブックパソコンに付いている端子の配置
リムーバブルケース(5インチベイ用)

ショップパソコン検索

CPU
GPU
形状
ショップ名
解像度(ノート用)
画面サイズ(ノート用)
メモリ
HDD
価格
円以内
OS
チップセットの内蔵グラフィックなども表示する--
組み立てキットPCも検索対象に加える--

ホームへ戻る