パソコン比較mix
サイトマップ

ホーム
リンク

価格別で表示

タイプ別で表示

スポンサード リンク

ショップ情報など

ディスプレイ関連

CRTディスプレイの有効活用
最近ではパソコンとセットでCRT(ブラウン管)ディスプレイが販売される事は殆どなく、 テレビでさえも液晶、薄型、省電力とブラウン管は衰退しています。 ここで一般的な使用としてCRTディスプレイの有効活用を考えてみます。
ただこの状況を利用するのは現在家やオフィスなど、場所は何処でもいいのですが、とにかくブラウン管ディスプレイがある、という人のみです。 (仮に今から中古で買ったとしてもメリットはほぼ無いといえます。これから購入を考えている人は液晶を買ったほうが良いでしょう。)
まずCRTの一般的な使用としてのメリットデメリットは
メリット
・・お金がかからない(家にあるから)
・・上にものを置ける(メリットとしてちょっと無理がありますが) ・・解像度が固定ではない(安価に高解像度環境を実現できる)
デメリットは
・・大きい(スペースをとる)
・・重い
・・消費電力が多い
・・リサイクル料金が高い
などでしょうか。 特にサイズが大きいのは日本の家庭環境を考えるとマイナスですが、 液晶と比べて良い所も比較する液晶モデルによりけりですが、残っています。 CRTでも17インチ以上でCRT販売としては後期にあたるものは、低価格な液晶ディスプレイと比べると 解像度でUXGA(1600x1200ドット)表示ができるものが多く(低価格な液晶はSXGA(1280x1024ドット)やWXGA(1440×900など)がまだ多くなっています。)、
作業領域確保という意味では使えるケースもあります。
上記の領域という事でパソコンの2画面化(今使っている液晶とCRTの組み合わせ)、という手もあります。ただし、液晶の性能アップと価格のこなれ具合の速度はとても速いのでCRTの有効活用も 限度が近いのかな、と思ってしまうのも事実です。 でも資源の有効活用と考えて、「液晶に買い換えてCRTはいらなくなったが、やっぱり捨てたり、売ったりはできない。」 という人は押し入れで眠っているCRTを引っ張り出して機会があれば復活させてはどうでしょうか。
ちなみに自分はCRTにテレビチューナーをくっつけてテレビとして活用しています。

↓消した事項
'また、激しく画面が展開する3Dゲームなどでは応答速度の問題でCRTの方が優位です。
※(2、3年前まではCRTが応答速度等、優位な場面もありましたが、現状では低価格機種でも遜色が無くなりつつあります。)

スポンサードリンク

パソコン関連説明

137GB問題AGP、PCI Express x16BTO
BTX規格CPUのFSB,TDPなど一覧intel系CPUチップセットと一覧等
AMD系CPUチップセットと一覧等その2-CPUピックアップCPUについたグリス落とし
CRTディスプレイCRTディスプレイの有効活用CMOSクリア
DVIGPUについてIEEE1394、FireWire、i.Link
USBVRAMVistaの種類
Windowsとサポート期限格安PCケースはお得かどうか?枯れる
ウィルコム(WILLCOM)-関連情報コア欠け応答速度
解像度自作パソコン自作パソコンは安く済む?
ショップブランドパソコン外付けHDDデスクトップパソコン
ノートブックパソコンパソコン購入計画時の液晶解像度バルクとは?
ビデオチップ(グラフィックカード)古いPCでのVistaは?ノートブックパソコンに付いている端子の配置
リムーバブルケース(5インチベイ用)

ショップパソコン検索

CPU
GPU
形状
ショップ名
解像度(ノート用)
画面サイズ(ノート用)
メモリ
HDD
価格
円以内
OS
チップセットの内蔵グラフィックなども表示する--
組み立てキットPCも検索対象に加える--

ホームへ戻る