パソコン比較mix
サイトマップ

ホーム
リンク

価格別で表示

タイプ別で表示

スポンサード リンク

ショップ情報など

HDD関連

137GB問題
ハードディスクで読み込む場所(セクタ)を判別する時に 512バイト*28BIT(2の28乗)=137GBまでしかないために それ以上の容量を持ったハードディスクでも137GBまでしか 認識されない問題です。この問題を解決する為、HDDメーカーが、 28BITを48BITまで拡張し、その結果144PB(1億4000GB)まで 読み書きする事を可能にしました。 現在市販されているパソコンはすべて対応しています。(中古は除きます。) また、この話はIDEインターフェイスに接続して使用する内蔵HDDの話で、 48BITに対応している外付け用のケースに内蔵する場合、 対応しているPCIカードを利用してハードディスクを接続すれば認識されます。 この問題が騒がれてからかなり時間が経っていますが、 古いマザーボード(440BXなど)を利用し続けている方は注意が必要です。 それ以降のマザーでもBIOSのアップデートが必要な場合もあります。 OSだけでみれば、WindowsXPはSP1、2000はSP3以降で対応しています。

スポンサードリンク

パソコン関連説明

137GB問題AGP、PCI Express x16BTO
BTX規格CPUのFSB,TDPなど一覧intel系CPUチップセットと一覧等
AMD系CPUチップセットと一覧等その2-CPUピックアップCPUについたグリス落とし
CRTディスプレイCRTディスプレイの有効活用CMOSクリア
DVIGPUについてIEEE1394、FireWire、i.Link
USBVRAMVistaの種類
Windowsとサポート期限格安PCケースはお得かどうか?枯れる
ウィルコム(WILLCOM)-関連情報コア欠け応答速度
解像度自作パソコン自作パソコンは安く済む?
ショップブランドパソコン外付けHDDデスクトップパソコン
ノートブックパソコンパソコン購入計画時の液晶解像度バルクとは?
ビデオチップ(グラフィックカード)古いPCでのVistaは?ノートブックパソコンに付いている端子の配置
リムーバブルケース(5インチベイ用)

ショップパソコン検索

CPU
GPU
形状
ショップ名
解像度(ノート用)
画面サイズ(ノート用)
メモリ
HDD
価格
円以内
OS
チップセットの内蔵グラフィックなども表示する--
組み立てキットPCも検索対象に加える--

ホームへ戻る